産科と婦人科の役割とは


産科は字のごとく、お産に関連した診療を行う分野であり、婦人科は女性特有の、あるいは顕著な疾患や症状に関して診療を行う分野です。
産婦人科はその両方を担当することからこのように呼ばれていますが、両者には明確な違いが存在しているのです。

女性が妊娠し出産する場合には産科のお世話になります。
妊娠期間、女性の体にはあらゆる変化が現れますが、それらの変化を前もって知識として妊婦に伝え、また、実際の体調の変化等に合わせて適切な処置を施していきます。

順調に出産までたどり着くよう経過を観察しながらケアし、いざ出産する際には母子の状態を見極めつつ無事にお産ができるような状態を整えていかなければいけません。
そのための検査や、必要であれば手術なども行うのが産科の仕事内容であり役割となっています。

婦人科は、女性の体に起こる症状全般を取り扱います。

例えば子宮の疾患です。
子宮頸がんや子宮筋腫などは一般の人でもよく耳にする病気ですが、こうしたものの検査や手術を含めた治療などを行います。
他にも卵巣に関する病気や、もっと身近なところでは月経不順や生理痛、更年期障害なども対象とし、診療を行うことになるでしょう。

ふたつの診療科目が分かれている病院や診療所も少なくありませんが、日本ではまだまだひとつにまとめられていることが多いのが現状です
仕事内容もそれだけ多くなるため、これがこの分野の医師不足の一つの原因にもなっている可能性があると指摘されています。

患者の体とともにメンタルや家族のケアも


これは女性だけでは無いかもしれませんが、妊娠や出産といった大きな出来事を控えていたり、命に関わる子宮や卵巣のがんなどを患った場合、妊婦や患者は体だけではなく精神的にも非常に大きな負担を抱えることになります

妊娠や出産は女性が望んだものであったとしても、初めてのことであれば不安が先行し、精神的に安定しないこともしばしば見られます。

そんな時に、患者に寄り添いメンタル的なケアを行うのも、この分野の医師の重要な役割となるでしょう。
また、妊婦や患者の家族とのコミュニケーションも重要な仕事内容の一つとなるはずです。

産婦人科医求人の多くは最低限の情報、例えば給与や職務内容、病院の情報や勤務時間などしか記載されていませんが、採用する側からすれば、上記の理由でコミュニケーション能力に長けた医師を欲していることは間違いありません

上で述べた仕事内容を全うするには意思疎通の能力は欠かすことができず、応募者が実際に持ち合わせている診療スキルと同等か、あるいはそれ以上の評価対象になると認識しておきましょう。